心情とは?コツさえつかめば簡単な物語の読み方!!

こんにちは!かるぅです。

またも単元別解説です。

今回は物語を解説します!


物語というのは登場人物がいて、会話が多く出てくるようなものです。

実は、読み方を意識するだけで格段に得点が上がります

そして、これからその方法に加えてテストや受験に役立つポイントも教えます!

 

 

 

本文で意識すること

国語の文章問題おいて最初に苦労するのが本文を読むことです。

文章の種類によって読み方も変わってきます。

今回やる物語について意識するのは心情を読み解くことです。

心情とは登場人物の心の中の思いです。

これを読み取れるかどうかが鍵になります。

 

具体例を見てみましょう。

「星野くんは投手だ。おしいと思う。しかし、だからといって、ぼくはチームの統制をみだした者を、そのままにしておくわけにはいかない。」そこまで聞くと、思わず一同は顔をあげて、別府さんを見た。星野だけが、じっとうつむいたまま、石のように動かなかった。
 
これを読んで、「星野くん」の気持ちを考えてみましょう。
 
ここだけだとわかりにくいかもしれませんが、「反省」の念が読み取れるかと思います。
 
何についての反省かはぜひ「星野くんの二塁打」を読んでみて下さい!
 
今の例題をやってみてどう思いましたか?
 
簡単だと思えた人は多いと思います。
 
読み取るべき心情はこのように感じられるだけでいいのです!
 
難しく考えず、人物になりきってみましょう。
 
 
 
 
 

物語で聞かれる問題

文章が読めても問題が解けなければいけません。

問題文の読み取りは文章問題では必ず聞かれます。

それ以外の物語で特別聞かれるのは人物の気持ちです。

実は、先ほど上で出した例題は、実際にある問題集で出されています。

 

そしてもうひとつ大事なことがあります。

それは考えて書く問題です。

実はこれも気持ちが大事です。

心情を読み取れていればラクラク解けます。

 

 

 

 

最後に

国語の物語において大事なのはやはり心情です。

ほとんどの問題集には「めあて」として心情を読み取ることが書かれています。

普段から小説なんかを読むときにも意識してみるといいかもしれません。

 

それでは!

 

 

 

 

写真提供:photoAC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です